水漏れが起きる前に予防はできるのか

水漏れが起きる前に予防はできるのか 私たちの生活の中で水は欠かせません。キッチンにトイレ、浴室といろいろなところで使用しています。普段蛇口をひねれば普通に出てくるのであまり気が付かないかもしれませんが、水漏れが起きて使用できなくなるとそのありがたみを感じるでしょう。もし水漏れが起きた場合、下手に素人がいじると症状を悪化させてしまう危険性があります。そのため、専門業者を呼んで修理を依頼した方が安心です。他の設備同様経年劣化によって水漏れが発生すれば、いずれ交換や修理が必要になります。しかし普段から注意すべきポイントを押さえておけば、劣化のペースを遅らせることは可能です。水漏れ予防のために、普段どのようなことに気を付ければいいかについて紹介します。

■水の流れが悪くなったら要注意

キッチンや洗面所、浴室の排水口の水の流れが以前と比較して悪くなったと感じたことがある人もいるでしょう。ちょっと水を使っていると、すぐにシンクやボウルなどに溜まってしまう場合には注意をしなければなりません。これは排水管のどこかで詰まりが起きている可能性が高いです。これを放置していると、最悪水があふれ出てしまうこともあり得ます。詰まりが起きている症状の場合、市販されているパイプクリーナーを使って対処をすることが可能です。しかし状態が悪いと、このようなクリーナーでは解決できないこともあります。自分でやっても無理なら、業者を呼んで対処をお願いしてみましょう。

■詰まらないような対策が必要
なぜ配水管が詰まって水漏れが起きるのかというと、それは固形物を流しているからです。固形物が水の通り道をふさいでしまって、逆流して水漏れを起こします。もしくはパイプに大きな負担がかかって亀裂を起こして、そこから排水が漏れ出ることもあります。そこで水漏れ対策として大事なのは、固形物を流さないようにすることです。意外と流している人は多くおり、例えばキッチンでは野菜の皮や食用油をそのまま流している人もたくさんいます。浴室や洗面所の場合、石鹸を使った際にパイプにこびりついてしまって、時間をかけて塊になることも考えられます。もし心当たりがあれば、野菜カスなどは生ごみとしてごみ箱に捨てる習慣をつけるなどの予防策を講じましょう。

■軽度の状態なら自分で対処する方法も

完全に詰まって水漏れが起きているのなら、業者にお願いして修理してもらうのが賢明です。しかし水は流れているものの、前と比べて少し遅くなった程度なら自分で対処できるかもしれません。パイプクリーナーを使用する方法の他にも、お湯を使った方法があります。まず排水口にタオルを詰めて栓をします。そしてシンクやボウルに大体お湯が7割くらいたまったところで、タオルを取り外します。するとお湯が排水管の中を勢いよく流れていきます。この水圧で詰まりを押し出せる可能性もあります。お湯で固まっている石鹸カスや油かすなどを溶かすことで、より流しやすくなります。

■まとめ
給水管におけるトラブルの場合、配管の劣化や蛇口内部のトラブルであることが多いです。これは時間をかけて徐々に劣化するものですから、なかなか自分で日ごろから対策をすることは限界があります。排水管に起因する水漏れトラブルの場合、詰まりによることがほとんどです。これは普段からの使い方に注意をすれば、予防をすることが可能です。できるだけ長く快適に水回りを使用できるためにも、普段から注意して使用するようにしましょう。ただし注意をしていても、劣化は食い止められるものではありません。もし何か異変を感じたのであれば、早めに専門業者に問い合わせましょう。放置して状態が悪化することはあっても、自然治癒することはあり得ません。早急に連絡をすることが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

コンテンツ

最新ニュース